タロットについて(2017.3.15)

 



TAROTについて



生年月日を元にした
数秘術もとりまぜてお伝えしています。




わたしのタロットの先生がよく仰っていたのですが

タロットは<姿見>のようなもの。

姿見に映すと、

顔にごはん粒がついていたりするのに気が付いたり、

あ、この服似合うなあって思ったり。

参考になることたくさんありますよね。




姿見自体が

「ご飯粒を取りなさい」とは言わないように

タロットも状況や可能性を映し出すもの。



 ご飯粒を取る、取らないは本人の自由意志。


こうしなさいとは言うことはなく

どう行動するかの主導権を奪うことはありません。



未来を知って安心を得るためのものではなく、

希望する状況に向けて

今、これから自分はなにを調整したりするとよいか、

そのヒントをわかりやすく受け取ることができるツールです。



ちょうど季節的にも

冬の終わりと春のはじまりのはざまで、

気持ち的にも揺れやすいとき。

いろんな予感や不安にも

敏感になりやすい時期かもしれませんね。

タロットは自分の中心の軸に
コミットしやすくさせてくれるので

気持ちや体調が揺れやすい時期にも

お役に立てたらと思います。


気持ち、関係性、
本質、なぜ?どうしたら?

タロットはご質問に対して「現時点」での
状態と可能性と手段についてを示してくれます。

1か月、3か月、半年・・・

短期的なスパンでのテーマがおすすめです。




どんな時も
ほんとうは自分の中で
自分をしあわせにするための答えが
輝いています


たとえ真昼でも
ほんとうは
青空の向こうに星が輝いていて

雨の日でも
雲の上に
お日さまの姿があるように・・・

タロットは
わたしたちの
中にあるこたえを映し出す
心の鏡、魂の鏡の役割をしてくれます

そのメッセージは
どんなときにも
心の奥の自分からの
ラブレターなのです。


あんとす堂では

〈数秘術〉も絡めながら、

うつくしいカードを使って

 大切なご質問へのメッセージをお伝えしています。




人気の投稿