フラワーレメディとは?(2015.3.5 加筆)

夜となく昼となく、世界をつらぬいて流れている生命の流れがこのわたしの血管にも同じように流れ、リズミカルに脈打ちながら躍動している。その同じ生命が大地の塵のなかをかけめぐり、無数の草の葉のなかに喜びとなって萌え出て、花々のざわめく波となってくだけている。ータゴール

photo by Healing herbs ltd.
フラワーレメディの力

開花した花の調和した生命エネルギーが
人の心や身体の状態に共鳴し、
その人の心と身体の状態のバランスを整えてくれます。

どうやって作られるの?

フラワーレメディーは
水に花のエネルギーパターンを写しこんだもの。
自然の四元素(火・地・風・水)のすべての働きかけによって誕生します。

フラワーレメディづくりのプロセス
 
雲ひとつない晴れた日に、
朝、わき水をくむところからはじまります。

植物が自然な状態で育っている場所に行き、
満開に元気よく咲いている花たちを摘み取って、
わき水で満たされた薄いガラスのボウルの表面いっぱいに浮かべます。

朝9時からお昼ころまでの3〜4時間、
植物が咲いている近くの大地にそのボウルを置いて、太陽光にさらします。

花がしおれてきて水の中に気泡が現れ、その水が輝きはじめたらでき上がりです。
 
この水に同量のブランデーを加えたものがマザーティンクチャー(母液)です。

〜ホワード七歩子著「フラワーエッセンス ヒーリング」より 

この作り方をサンメソッド(太陽法)といいます。
サンメソッドの他に、ボイリングメソッド(煮沸法)で作られるフラワーレメディーもあります。

現在、さまざまな土地や国で、さまざまな花から
フラワーレメディー(エッセンス)が作られ、販売されています。

あんとす堂では、イギリスのヒーリングハーブス社
38種のBachレメディーを使用しています。


どうやって使うの?

主に飲用・塗布・空間へのスプレーといった形で用います。

調合セッションのすすめ方については、こちらをごらんください。




フラワーレメディのルーツ

今から80年余前、
英国の医師エドワード・バッチ博士がより自然な療法を求めて
野山を歩いていたとき植物の朝露の力に気づき、
フラワーレメディを完成させました。

バッチ博士の発見の源流をたどると、
古代エジプトからのアルケミーの叡智、
そして北米先住民族のフラワーメディスンといった
人と自然、人と宇宙とのつながりについての叡智に行き着きます。


どんなときに使うとよい?(以下は、ほんの一例です)

おだやかな気持ちになりたい
静かな気持ちになりたい
気持ちをスッキリさせたい

勇気がほしい
自信を持てるようになりたい

プレッシャーをはねのけたい
前を向けるようになりたい
情熱ややる気を感じたい
意志を貫けるようになりたい
じぶんを尊重できるようになりたい

分かち合いができるようになりたい
もっと愛情に満ちたまなざしで自分や人や世界をみつめたい
寛容な気持ちになりたい

よろこびや笑いをもっと味わいたい
受け取り上手になりたい

自分をゆるし、心を軽くしたい
本当の自分と調和したい
直感力を高めたい
創造力を高めたい

テキパキ物事を片付けられるようになりたい
同じ失敗を繰り返すクセを手放したい
あたらしい環境や関係にスムーズに順応したい

人と適度な距離で心地良くつき合えるようになりたい

気を取りなおして物事に再チャレンジしたい

体の不調を心のケアからアプローチしたい
赤ちゃんや動植物など、言葉を話せない存在のケアに役立てたい
フラワーレメディがどんなものなのか体験してみたい 

言葉で説明するのも負担なくらい心理的なストレスを抱えている
自分を見失っている気がする
大切なものを失ってつらい (直近でも、何十年前でも)
人間関係でダメージを受けている
引越しや進学、就職、結婚など人生の節目にいる

などなど・・・

そして取り組みたいテーマが「いつからのものであっても」
心と身体と魂の調和をサポートします。

 
一時的な状態(短期的・中期的なテーマ) 例…試験前の緊張、人間関係のストレスなど

過去からの問題(長期的なテーマ)例…幼少時に受けた心の傷、自分の思い癖など

副作用はあるの? 
レメディに依存してしまうことはないでしょうか?

副作用や中毒性はありません。

通常はおだやかに調和を促していきますが、

ご本人の中での必要なタイミングに応じて、
浄化や解放のプロセスが進むときに滞っていたエネルギーが流れだし

蓋をしてきた悲しみ、怒りといったネガティブな感情が浮上したり、
体調に一時的な浄化が起きる場合があります。

「好転反応」、「気づきの危機」と呼ばれていますが、
その状態があまりに辛い場合は、ご相談ください。

基本的には中断して休憩期間を取るか、
一時的にファイブフラワーレメディーに切り替えることをおすすめします。


あんとす堂より

フラワーレメディは
大変なときにはもちろんですが、
日常の中でも気軽に使えるものです。

そして内なる自然とのつながりを取り戻すための
自然界からの贈り物です。 

気構える必要はすこしもありません。

ぜひ、どんどん活用してくださいね。

人気の投稿